本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

気になる【モノ】

【ミセスグリーンアップル】新曲コロンブスが炎上したのはなぜ?

この記事わかること
ミセスグリーンアップルの新曲について

ミセスグリーンアップルの新曲「コロンブス」が話題となっています。

しかし、一部の人たちからは炎上騒ぎが巻き起こっています。

なぜこの曲が炎上したのでしょうか?その理由について考察していきましょう。

「コロンブス」が炎上した理由とは?

炎上の理由は、ミュージックビデオ(MV)におけるコロンブスという人物の歴史的背景と、先住民を猿に見立てたとされる描写が含まれているためのようです。

歴史上のコロンブスは、1492年に大西洋を横断しアメリカ大陸を「発見」した航海者として知られていますが、近年では侵略者や奴隷商人としての側面が問題視されています。

そのため、彼の名を冠した楽曲のMVが、特に海外で批判を受けているようです。

MVでは、ミセスグリーンアップルのメンバーがコロンブスのような航海者に扮し、先住民を猿に見立てたキャラクターに「文明」を教えるシーンがあるとのことです。

このような内容が、差別的であると感じた人が多く、SNS上での批判が集まっているようです。

この件に関して、所属会社やアーティストからの公式なコメントや対応があるかどうか、最新の情報を確認することをお勧めします。

ミセスグリーンアップルの新曲「コロンブス」の魅力

ミセスグリーンアップルの新曲「コロンブス」は、彼らならではの独特なサウンドとメロディが特徴です。

一聴すると耳に残るメロディに、多くの人が魅了されています。

また、歌詞には深いメッセージが込められており、聴く者の心に強く訴えかける力を持っています。

また、コカ・コーラのテレビCMにも起用されました。

ミセスグリーンアップルの新曲コロンブス炎上まとめ

ミセスグリーンアップルの新曲「コロンブス」が炎上した理由には、歴史的背景からくるものだということが分かりました。

しかし、一方で多くの人々からは「コロンブス」の魅力を認める声も上がっています。

ミセスグリーンアップルの新たな挑戦とも言えるこの曲が、より多くの人々に届くことを願っています。

以上が、ミセスグリーンアップルの新曲「コロンブス」が炎上した理由についての考察です。

広告

※アフィリエイト広告を利用しています。

-気になる【モノ】