本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

気になる軽井沢の暮らし

穂高神社で初詣【2023】混雑を回避する方法

穂高神社は安曇野インターチェンジから車で15分にあり、毎年10万人が訪れる人気の神社です。

人気の高い神社であるため、初詣は元旦の午前から夕方6時頃のピークが予想されます。

1月2日も混雑状況は変わらない事が多い印象です。

正月三が日は混雑が予想されるため、12月より縁起物の頒布を開始しています。

また、諸事情により参拝が難しい方には郵送祈祷・お守り・御札の郵送を行っています。

参拝が難しい方は、穂高神社ホームページから郵送の申し込みが可能となっているので、利用を検討される方法もあります。

安曇野インター周辺は穂高神社だけではなく、アウトドアショップや飲食店・犀川白鳥湖などの観光スポットが多い場所でもあるので、交通道路も混雑しています。

そこで、穂高神社初詣をなるべくスムーズに参拝するための回避方法をまとめました。

安曇野といえば、長野県有数の観光スポットだから事前のリサーチは必須だね!

穂高神社周辺の交通規制

穂高神社周辺は、初詣の期間中交通規制を行っています。

一部、車両禁止と穂高神社周辺道路が一方通行になります。

穂高神社周辺には初詣期間中のみ臨時駐車場が設置される予定です。

【穂高神社臨時駐車場】

  • 庁舎駐車場
  • 穂高駐車場
  • 八十二銀行駐車場
  • 神社南神苑
  • 神社北神苑
    ※令和4年度の最新情報はまだ公表されていません。

穂高神社へのアクセス方法として電車の利用があります。

穂高神社は、JR穂高駅から徒歩3分の立地にあります。

そのため、交通渋滞の心配がありません。

穂高神社まで電車を利用した方が、車での渋滞を回避することが出来るかも知れません。

なお、交通規制に関しての最新情報は穂高神社の公式ホームページを確認することをオススメします。

電車で移動できるなら、そちらの方が交通渋滞を回避することができるね

年末年始に行われる行事の日程

【12月20日から31日まで】
12月20日から31日まで、茅の輪を拝殿前に設置してあります。

茅の輪をくぐり、身についた半年間の穢れを清めるものです。

8の字を書くように3回くぐりながら唱えるんだよ。

【12月31日】
日常生活の中で、知らず知らずのうちに身に降りかかった穢れを清め、心身ともに清浄となる神事です。

午後3時齋行、社務所前で受付を行います。

【1月1日一番祈祷】
1月1日の穂高神社では、「一番祈祷」といってひとりひとりが受けられる成就の金幣を行っています。

年明け午前0時の時報とともに、初春のよろこびを神様にお告げし、天下泰平をお祈りする元旦祭に引き続いて、新年の一番祈祷を斎行致します。二年参り・初詣には様々な願いを胸に祈られる事と存じます。

そんな多くの願いを必ず叶えていただけるよう、新年の巫女舞を奉納する一番初めに一度しか行われない大変貴重なご祈祷です。

祈祷申し込みは事前にホームページから申し込みをすることができます。

そのため、祈祷時間に間に合うように、余裕を持って訪れる事をオススメします。

【1月1日から8日新春祈願・交通安全祈願大祭】
1月1日から8日までは、新春祈願・交通安全祈願大祭を行っています。

1月1日の午前2時~8時までは授与所が閉鎖されているため注意が必要です。

穂高神社は、様々な願いに対する祈祷ができますが、交通安全の祈願が有名なため車でお越しになる方が多い印象です。

まとめ

  • 穂高神社の混雑のピークは三が日。
  • 交通安全の祈願が有名なため、車でお越しになる方が多いです。
  • 1日は、「一番祈祷」が行われており、事前申し込みが出来ます。祈祷に間に合うよう時間には余裕を持って来られることをオススメします。
  • JR穂高神社から徒歩3分の距離のため、電車での利用は交通道路混雑の回避ができる可能性があります。

1年の始まりの大切な祈祷。混雑を回避しながら家族と一緒にいきたいね♪

広告

※アフィリエイト広告を利用しています。

-気になる軽井沢の暮らし