本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

気になる軽井沢の暮らし

読書は1日どれくらい読む?読書の効果を最大限に引き出すための1日の読書量

読書って1日どれくらい読むものなの?

早く読まなくちゃいけないのかな?

読書を趣味にしたいけど、読み続けられるか不安だな・・・

読書は1日どれくらいのペースで読むのがベストなのか、気になりますよね!

実は私は読書が嫌いで、社会人になってからほとんど読がなかったのですが、好きな小説に出会い一変しました!

小説の中の世界に旅行している気分になり、コツを意識することで毎日頑張りすぎず続けることができました。

読書の1日の目標量は人によって異なりますが、一般的には30分以上から60分程度が良いとされています。

なぜなら、読書には集中力が必要であり、長時間続けることが難しいからです。

30分以上の読書時間を確保することで、本に集中して深く考えることができます。

詳しく見ていきましょう。

読書は1日何ページ読む?平均はどれくらい?

「読書1日何ページ読む?」のがベストなのかを調べたところ、詳しく調査した文献はありませんでした。

読書の時間を1日30分、100~200ページ程度を隙間時間に読んでいる方が多いようです。

私は朝の通勤の間に読んだり、就寝前に読んだりその日の気分で決める事もあります。

人によってライフスタイルは異なります。

なので、1日のページ数にこだわる必要はないかもしれません。

また、読書する際によく利用するデバイスは「紙の本」を読む方がPCや携帯で読むことよりも多いことが分かっていて、今でも紙の本が愛されている結果でした。

電子書籍は場所を取らないというメリットがあります。

私は以前まで電子書籍を読んでいましたが、目が疲れやすいので紙の本に変えました。

電子書籍と紙の本、どちらにもメリットデメリットがあります。

ご自身に合った方を選ぶといいですね。

紙の本は、ブックカバーや読む場所の雰囲気も楽しめるのかもしれないね♪

読書量による効果の違い

読書量には、読書の効果に影響を与える要素があります。

例えば、1日に数ページしか読まない場合は、物語の流れやキャラクターの感情移入が難しくなるかもしれません。

一方で、1日に数十ページ以上読むことで、物語の世界に没頭し、深く考えることができます。

また、読書量が少ない場合は、知識や情報の吸収が限られてしまいます。

一方で、多くの本を読むことで、幅広い知識や視野を広げることができます。

さらに、多くの本を読むことで、文章力や表現力の向上にも繋がります。

読書1日何ページ読む?読書をするための空間を整える

いざ読書をしようとしても、なかなか集中できないという経験は誰しもあると思います。

その原因として、読書をする空間があります。

普段過ごすリビングのソファーで読もうと思うと、つい携帯を見てしまったり、テレビをつけてしまうことはありませんか?

初めの頃は、私もたくさんの誘惑に脱線してしまっていました。

読書の良さは、本を読むと様々な経験をすることができることです。

例えば、文章そのものに触れ想像することで、内面が綺麗になっていきます。

誰も気にすることなく時に笑い、時に涙する、私だけの世界で想像を膨らませ思いに浸る。

自分が予想もしなかった気持ちが湧き出してくることもあります。

集中して本を読む為には自分が快適だと思う空間」を見つけていくことが大切です。

私が実際、本を集中して読むことができた場所をまとめました。

  • 寝る前のベッドの上
  • カフェや普段と違う静かな場所
  • 自宅の一角に、光が当たる椅子と机だけのシンプルな空間を作る

読書は、読み進めていくと「自分の心に響くような言葉」に出会うことができます。

今の自分の事を言われているような言葉って、すごく説得力があったり想像しながら涙する時もあるのではないでしょうか。

読書は自分の気持ちを癒やすきっかけにもなりますし、ストレス発散にも繋がります。

私は好きなフレーズを見つけると、普段の会話の中で使ったり文章を書くときに参考にしたりしています。

読書の量が増えていくと、少しずつ語彙力が増えていきます。

読書は自分では考えもつかない言葉を読書から見つける事ができるので、新しい言葉が生まれていく楽しさがあります♪

なので、1日何ページを読むかという事を目標にするのではなくこの本から得られそうな結果を目標にすると継続して読書を続けられるかもしれません。

空間を整えて読書する時間って、リフレッシュにもなるんだね!

読書1日何ページ読む?本を継続して楽しむためのグッズを揃える

読書する気分があがるグッズってあるのかな?

読書を読む時間は人それぞれです。

電車に乗っていた時に、手作りのブックカバーを付けて読書をされている方がいらっしゃって、読書を楽しんでいて素敵だなと感じた時がありました。

読書を楽しむ為に、自分なりの工夫をしていく過程も心躍るものがいいですね♪

なので、読書する時間は通勤・自宅・お昼の休憩時間なのか、自分のライフスタイルに合った読書グッズを揃えるかを明確にしておくことが大切です。

  • ブックスタンド
  • 腰に負担のかからない椅子
  • 読書ライト
  • 機能性やデザインが可愛い付箋

近年は電子書籍の普及でスマホやタブレットがあればいつでも読めるようになりました。

私の場合は大体、午後の時間に自宅で読書をしています。

私の場合は本が好きなので、自分がどこまで読んでいるかを見て分かるように、可愛くて機能性のある付箋を使用しています。

1日に読むページは決めず、その日の集中力で読書を続けていますが、付箋を更新する時はやはり嬉しい物です。

気分がワクワクするような文房具は読む楽しさにも繋がるのでおススメです♪

夜の読書なら、照明kやライトを変えてみると雰囲気が変わって集中力アップになるかもしれません。

読書1日何ページ読む?読書の始め方コツを意識して楽しむ方法まとめ

  • 好きなジャンルの本を読む
  • 読書をする為の空間を整える
  • 「1日何ページ読んだか」より、「本から得る目的や目標」を大切にする
  • 本を快適に読むグッツをそろえる

読書は自分が好きなジャンルの本を見つけて、読み始めましょう。

読み終わった後に考える力が付くきます。

また、同じ本を読んだ方の気持ちを知る機会があった時に、相手は何故そう思ったのか?と深い意味でのコミュニケーションができると思います。

私は本を読み終わると、夫に話をしたりしています。

どのシーンで感動したとか、自然とアウトプットする時間になっています。

読書は自宅にいながら、自分を磨ける趣味としてオススメです。

読書を楽しんでください♪

本を読んでアウトプットするのも楽しいかも♪


広告

※アフィリエイト広告を利用しています。

-気になる軽井沢の暮らし