本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

気になる【人物】

【MAMA】日本開催がなぜ2023年も同様なのか?チケット倍率はどれくらいか調査

MAMA2023は東京ドームで開催決定!

MAMAとは、Mnet Asian Music Awardsの略で、アジア最大級の音楽授賞式です。

1999年に韓国で始まったこのイベントは、2009年からアジア各国で開催されるようになりました。

MAMAは、2022年11月29日30日には日本の京セラドーム大阪で2日間にわたって開催され多くのファンで盛り上がりました。

2023年の今年は、11月28日29日に東京ドームで開催が決まりました!

◆MAMAが日本で開催されるのは何故?
◆チケットの倍率はどれくらいなの?

この記事では、MAMAが2年連続で日本で開催される理由を調査しました!

MAMA2023が日本開催の理由

MAMAが日本で開催される理由には、以下のようなものが考えられます。

日本はK-POP輸出先1位

日本はK-POPの1番の輸出国であり、世界第1位の音楽市場を持っています。

日本のK-POPファンは非常に多く、コンサートやイベントにも熱心に参加しています。

MAMAは、日本で開催することで、K-POPの市場拡大と文化交流を図ることができるのだと思います。


日本には大規模な会場が多い

MAMAは、世界最大級のK-POP授賞式として、多くの出演者と観客を集める必要があります。

日本では、ドーム会場が全国各地にあり韓国に比べると数が多いです。

これらの会場は、収容人数や設備面で優れており、迫力あるステージを演出することができます。

東京ドームや京セラドームなどアクセス良好の場所が多いことも選ばれる理由の1つだと思います。

日本は韓国に近い地理的位置にあるから

MAMAは、韓国を含む全世界のどこでも開催可能ですが、海外で開催する場合は、出演者やスタッフの移動や搬送などのコストや時間がかかります。

日本は韓国から飛行機で約2時間ほどの距離にあり、韓国からの出演者やスタッフの負担を軽減することができます。

以上のように、MAMAが日本で開催される理由は、市場規模やファン層、会場キャパシティや地理的条件などに関係していると考えられます。

MAMAチケットの倍率はどれくらい?

2023年のMAMAケットの倍率はどのくらいなのでしょうか?

過去のMAMAのチケット倍率や出演アーティストの人気度から、予想しました!

チケット倍率予想はおおよそ20倍

2022年は、京セラドームで開催され、チケット応募数は約182万人、動員数は約9万人でした。

チケット倍率は20倍以上と言われています。

今年は東京ドームで開催。

東京ドームの動員数は約11万人です。

出演アーティストはまだ発表されていませんが、Stray KidsやTXTなどの人気グループが出演する可能性が高いと考えられます。

チケット応募数は200万人以上になると予想されます。

チケット応募数を200万人とすると、のチケット倍率は20倍から30倍になると予想されます。

当選確率は5%以下となりそうです。


MAMA2023はかなりのチケット争奪戦になることが予想されます。

MAMAはとこで視聴できる?

MAMA視聴方法はいくつかあります。

①auスマートパスプレミアムに登録
②Mnet Smartに登録
③ニコニコ動画チャンネル登録をして、MnetJAPANから視聴
④You Tubeで見る

ご自身の環境や好みに合わせて視聴開始しましょう♫

MAMA日本開催の理由まとめ

日本は、K-POP輸出先1位であることやドームのようなたくさんの観客を集められる場所が多いことが今回の開催に繋がっている可能性があることが分かりました。

今年のK-POPの快進撃は素晴らしいですよね!

恐らくチケットの倍率は高いですが当たることを祈っています♫

広告

※アフィリエイト広告を利用しています。

-気になる【人物】