本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

気になる軽井沢の暮らし

家の雪かきは何センチからするもの?車を傷めないポイント5選

長野の雪かきは何センチからするもの?

普段使う車の雪かきはどのようにすべき?

初めての長野の積雪、雪かきの目安や車の手入れを近所の方になかなか聞きにくいですよね。

雪は、駐車場に屋根がない場合車が傷んでしまうのか気になります。

関東などあまり雪が降らない地域からの移住した場合、イメージが付きにくいと思います。

このブログでは、雪かきの目安・冬場で車を傷めないポイントをまとめました。

私もそうですが、他県から来た方が初めての冬を過ごす時、雪かきや車の扱いをどうすべきか想像が付きにくいと思います。

このブログを読んで、長野の冬を乗り切りましょう!

長野県の大雪警報・注意報の基準は10~15センチ

雪かきをする目安いは、大体積雪量10センチです。

積雪量10センチとは、靴が雪に埋まり日中の雪は水を含み重くなり、夕方になると氷りスリップしやすくなります。

なので、自分が住む地域の大雪警報・注意報の基準は事前に知っておくと便利でしょう。

長野県の大雪警報・注意報の基準は、地域によって差が大きいため細分化されています。

長野県中部は、佐久地域・上田地域・松本地域・乗鞍地域・諏訪地域で細分化されていますが、大雪警報は20センで注意報の基準は10センチです。

長野県は夕方のニュースで必ず大雪警報・注意報を伝えています。

ネットでの天気予報やテレビで情報を収集しましょう。

雪かきの目安は10センチ

自宅前の雪かきは積雪量10センチになったら行うのがいいでしょう。

私の近所の方々は、積雪があった早朝6時から雪かきを始めています。

雪をかく音で目が覚める、ということが日常的です。

道路の幅や、日が当たらない場所は雪が溶けないので、雪かきといえど近隣の環境を考慮して雪かきをしなければなりません。

車の雪かきは必要?

車の雪かきをしておかないと、走行時や駐車場でのトラブルの要因になります。

車の雪かきをすべき理由をまとめました。

  • 雪の重みで車が変形する
  • 屋根の雪が走行中に落ち、後続車に当たってしまうリスクがある
  • 走行中に雪が落ちてきて前が見えない
  • 駐車時に雪でスリップする
  • 凍った雪で道路が盛り上がり、車の下を傷つくことがある

なるべくリスクは減らして安全に運転したいよね

気をつけるべき車の除雪方法5選

朝の忙しい時に「雪かき」という仕事が増えてしまうのは、雪国で暮らしていくには受け入れていかなければなりませんが、効率的に雪かきが出来るようになりたいものです。

実際、私は車の雪かきの仕方が分からず手が霜焼けになったり、仕事に遅れそうになってしまう失敗談がありました。

これから長野県で暮らしていくためのポイントをまとめました。

積雪量が多い日は、スノーブラシを使用する

車の雪かきで一番使用しやすいのが、スノーブラシです。

車を傷つけない素材で出来ているので、フロントガラスも安心して使用出来ます。

雪かきといっても、初めの頃は力の加減が分からなかったですが、ゆっくり雪を降ろすといいでしょう。

私のような女性は、身長が小さく上部が届きにくいです。

その場合は、伸縮するタイプが販売されているのでそちらを使用した方が楽だと思います。

フロントガラスが凍っている場合は、解凍スプレーを使う

フロントガラスが凍結している場合は、車のエンジンをかけてしばらく車内を暖房で暖めれば少しずつ解凍されていきます。

ですが、朝の忙しい時に早めに起きるのが面倒な日もあると思います。

解凍スプレーは、適量を振りかけることでフロントガラスの解凍が可能です♪

仕事などで朝の時間が割けない場合は、解凍スプレーがおすすめです。

車の上の雪を降ろしておく

私は冬場、運転中前を走る車の屋根から雪が落ちてきたことがありました。

かなり凍っていて、危うく当たりそうになるというヒヤッとした経験をしました。

車の屋根の雪を降ろしておくのは何故かというと、ブレーキをした時にフロントガラス全面に雪が落ちて前の視界が遮られることです。

他の車に当たって事故の原因になる可能性があります。

冬場のマナーになると思うので、車の上の雪は落としてから運転しましょう。

雪は転倒以外にもリスクがあるんだね

車用凍結防止カバーで解凍作業の時短へ

フロントガラスの解凍をもっと時短したい場合は、車用凍結防止カバーがおすすめです。

自動車のフロントガラスサイズを確認してから購入しましょう。

カバーを外す時に、雪の積雪量が多い場合は服が濡れてしまったり雪の重さでなかなか外れない時があるので、スノーブラシである程度除雪してからが楽だと思います。

カバーでは車を痛める事がないのですが、霜で水滴がつくので天気の良い日は乾燥させておきましょう。

車用凍結防止カバーは、夏場でも使用遮光用として使用することが可能です。

購入するならUVカットのものを選ぶといいと思います。

近所の雪かきも考慮して

長野県のような豪雪地帯は、ご近所同士で道路の雪かきを行う所が多い印象です。

朝、雪かきの音で目が覚めることも少なくありません。

そのおかげで、朝の通勤もスリップするリスクが減っています。

場所によっては早朝6時頃から除雪車が通り、道路の凍結防止に努めています。

職場の方が、仕事にいくので朝4時半に起きて雪かきをした、という話をよく聞きます。

雪かきは車以外に、家の前の道路の雪かきを近所の方と助け合って行うことがあるので、ある程度コミュニケーションをとっておくと、やり方を教えてもらえると思います。

車と雪かきは雪の時期大切だね!

雪かきをする時の服装は?

雪かきは想像以上に汗をかき、靴下が濡れてしまう事が多いので、出勤する服装で行うのは避けた方が無難です。

雪かきの服装は、通気性に優れたインナーとマフラー、防水のアウターでいいと思います。

あまり着込んでしまうと、汗をかいて身体が冷えてしまうので気をつけましょう。

私は趣味で登山をしますが、アウトドア用の服を持っている方は、十分機能性に優れているので使用しましょう。

家の雪かきは何センチからするもの?車を痛めないポイントまとめ

  • 長野県中部地域の雪かきは10センチからするのがおすすめ
  • 家の雪かきをしておかないと、駐車場から車を出す時スリップする危険がある
  • フロントガラスには凍結防止剤を使用
  • 駐車場に屋根がなければ、車の上の雪も雪かきをしておく
  • 雪かきした雪は、近所の邪魔にならない所にする

雪国の車の手入れはしようね!

長野へ移住した最初の雪かきや車の取り扱いは、分からない事だらけでした。

これから初めての長野の冬を経験する方は、是非参考にしてください♪

広告

※アフィリエイト広告を利用しています。

-気になる軽井沢の暮らし