本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

気になる【人物】

Kep1er(ケプラー)の人気ない?その理由を調査!

2021年にMnetのアイドルオーディション番組「Girls Planet 999」で選ばれた9人組のガールズグループKep1er(ケプラー)。

デビュー曲「WADADA」は、韓国国内で好成績を収め、海外でも注目を集めました。

しかし、2022年にリリースしたセカンドシングル「Up!」は、韓国国内のチャートでは10位台に留まり、海外での反応も芳しくありませんでした。

ケプラーの人気が低迷しているのでは?との声が上がっているようです。

そこでこの記事では、ケプラー人気低迷と言われる理由を調査しました。

Kep1er(ケプラー)人気低迷と言われる理由

ケプラーのCD売り上げをまとめました。

2021年12月14日にデビューアルバム「FIRST IMPACT」をリリース。このアルバムは、韓国で初動28万枚を売り上げ、歴代ガールズグループのデビューアルバム初動売上記録第2位を記録。

2022年9月20日、セカンドシングル「Up!」をリリース。韓国で初動18万枚を売り上げ、初動10位台に留まる。

2023年4月14日には、3rdシング「LOVESTRUCK!」をリリース。このシングルは、韓国で初動11万枚を売り上げ、初動10位台に留まりました。

ケプラーのCD売り上げは、デビューアルバムが好調でしたが、セカンドシングル以降は低迷しています。

コンセプトの統一感がない

デビュー前のオーディションでは、コンセプトを大切にしていた印象ですが、TheK-POPと言われる曲調が多く、当たり障りのない世界観が埋もれてしまっている原因かもしれません。

他のグループを見てみると、個性が活きながら独特の「世界観」があるグループに人気が集まっています。

1人1人の実力があり、ビジュアルも高いですがもったいないと感じてしまいますね。

メンバーのグループに対する愛情が薄い

番組内で、既に解散後の個人活動を視野に入れた発言してしまったメンバーがいたようです。

まだケプラーとしての期間があるにも関わらず、不適切な発言では?とネット上で話題になったようです。

メンバーのいじめを印象付けるような番組内容

ケプラーのリアリティ番組が放送され、ひかるがいじめを受けるようなシーンは、ネット上で話題になりました。

Kep1erのメンバーが自分の好きなメンバーの名前を書いて発表するというミッションで、ひかるは他のメンバーから一度も名前を書かれませんでした。

ひかるは涙をこらえて笑顔を見せましたが、視聴者からは「かわいそう」「公開いじめだ」という声が上がりました。

運営側の設定ミスだと思いますが、悪い印象になったことは否めません。

メンバーの熱愛説

2022年10月13日、ケプラーのメンバーであるキム・ダヨンと、ボーイズグループCiipherのメンバーであるウォンの熱愛説が浮上しました。

この説は、ダヨンとウォンが同じ場所を訪れていたり、カップルアイテムを着ていたりする写真がSNSで拡散されたことで広まりました。

ダヨンとウォンの所属事務所は、この説について「プライベートな部分なので、回答が難しい」とコメントを発表しました。

この熱愛説が事実であれば、ケプラーの人気低迷に拍車をかける可能性もあります。

Kep1er(ケプラー)の活動期間は?

kep1er(ケプラー)の活動期間は2022年1月3日から2024年7月3日までと見られています。

残念ながら活動延長の可能性は低いと思われます。

メンバーはそれぞれ異なる事務所に所属しているため、契約期間を超えて活動することは難しいでしょう。

過去にも同様のグループであるIZ*ONEやI.O.Iが人気があっても契約通りに解散しています。

もちろん、メンバー全員が事務所を変えたり、各事務所が延長に同意したりすれば活動延長は可能かもしれませんが、現実的ではないと思います。

残された時間を大切に応援しましょう!

Kep1er(ケプラー)活動終了後の進路

ケプラー活動終了後の予定は、明らかにされていません。

メンバーはそれぞれ異なる事務所に所属しています。

そのため、kep1er(ケプラー)の活動が終了したら、元の事務所に戻ったり、別のグループに加入したり、ソロ活動を始めたりする可能性があります 。

例えば、日本人メンバーのひかるはXGというグループに合流する可能性が高いと言われています。

XGはavex傘下の韓国法人XGALXに所属する7人組ガールズグループで、全員日本人です。

ひかるはXGを生み出した「X-Galaxyプロジェクト」のオーディションに参加し、最終選抜まで残っていましたが、kep1er(ケプラー)に挑戦するために脱退しました 。

中国人メンバーのシャオティンやシャオチュンは中国最大級の芸能事務所であるホアヤオエンターテインメントに所属しており、中国市場で活躍が予想されます。

以上のように、kep1er(ケプラー)のメンバーはそれぞれに個性や才能があり、kep1er(ケプラー)活動終了後も様々な分野で活躍することができると思います。

Kep1er(ケプラー)人気低迷の理由まとめ

ケプラーは、2023年10月に日本デビュー1周年を迎えます。

今後どのような活動を展開していくかによって、人気回復の可能性も残されています。

kep1er(ケプラー)のメンバーは今この瞬間を楽しみながら、ファンのために最高のパフォーマンスを届けたいと思っています。

私たちもkep1er(ケプラー)を応援し続けましょう!

広告

※アフィリエイト広告を利用しています。

-気になる【人物】