本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

気になる【人物】

【新たらしい学校のリーダーズ】下品で気持ち悪い?海外の反応を調査!

今年の紅白歌合戦に初出場を果たした『新しい学校のリーダーズ』。

彼女たちの曲でもある『オトナブルー』は、沢山のインフルエンサーが真似をして話題になっていましたね!

海外での活躍も精力的に行っています。

ですが、一方で「下品」や「気持ち悪い」といった声があるのも事実。

◆新しい学校のリーダーズの評判は?

◆新しい学校のリーダーズの海外の反応は?

この記事では、新しい学校のリーダーズについて調査しました!

新しい学校のリーダーズはどんなグループ?

新しい学校のリーダーズは、2015年に結成されたダンス&ボーカルユニットです。

2017年6月には、ビクターエンタテインメントから1stシングル「毒花」を発売。

彼女たちは、自分たちで振り付けやプロデュースも行っており、昭和歌謡の雰囲気を感じさせるメロディーや歌詞に、ヒップホップやレゲエのリズムをミックスしたオリジナルな楽曲を作り出しています。

2020年11月には、アメリカの音楽レーベル「88rising」と契約し、「ATARASHII GAKKO!」の名義で世界デビューしました。

2021年11月には、アメリカ・ロサンゼルスで開催された音楽フェス「Head In the Clouds」に出演しました。

彼女たちは、日本でも海外でも注目されている実力派グループです。

新しい学校のリーダーズが気持ち悪いと言われている理由

新しい学校のリーダーズが気持ち悪いと言われてしまう大きな要因は、ダンス振り付けにある可能性があります。

例えば、『オトナブルー』は、昭和歌謡の雰囲気を感じさせるメロディーと歌詞に、ヒップホップやレゲエのリズムをミックスした曲です。

一部の振り付けが下品ではないかという意見がありますね。

また、リードボーカルのSUZUKAさんは、舌を大きく出すパフォーマンスを多く見られますが、その映像を見て不快に思う方も多いようです。

◆ダンスの振り付けが過激

恐らく新たらしい学校のリーダーズが気持ち悪いと言われてしまう理由でしょう。

新たらしい学校のリーダーズの海外の反応は?

新しい学校のリーダーズは、『模範的なヤツばかりが評価される時代。くだらない不寛容社会から個性と自由ではみ出していく』というコンセプトでこれまで駆け抜けてきました。

TikTokの再生回数が25億回を突破。

TikTok上半期トレンド対象を受賞しました!

凄いですね。

また、TikTokの610万のうち9割画海外ユーザーです。

なので、TikTokの受賞は海外ユーザーからの反応の良さも伺えます。

海外の反応としては、以下のようなものが挙げられます。

* パフォーマンスがかっこいい
* 楽曲がキャッチー
* 個性的なメンバー

特に、パフォーマンスに対する評価が高いようです。

ダンスのスキルはもちろん、ステージでの表現力や一体感も高く評価されています。

また、楽曲は、日本語で歌われているにもかかわらず、そのキャッチーさやメロディーの良さで、海外のリスナーにも受け入れられています。

また、メンバーの個性も海外のファンから好評です。

それぞれの個性やキャラクターが際立っており、グループとしてのまとまりも感じられるため、多くのファンを魅了しています。

具体的な海外の反応としては、以下のようなものが挙げられます。

* 「日本の新しいアイドルグループがすごい!」
* 「ダンスがかっこよすぎる!」
* 「楽曲がとてもキャッチー!」
* 「メンバーの個性が面白い!」

このように、新しい学校のリーダーズは、海外でもその人気を高めつつあります。今後も、彼らの活躍から目が離せません!

新しい学校のリーダーズ評判まとめ

このように、新たらしい学校のリーダーズの振る舞いに対する反応は賛否両論です。

彼らの行動がどのような影響をもたらすか、今後の動向に注目が集まっています。

広告

※アフィリエイト広告を利用しています。

-気になる【人物】