本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

気になる【モノ】

AdSense審査に15回落ちた私が教える合格するために必要な項目

ブログを始めた方なら通る道である「AdSense審査」

私は2021年12月からAdSense審査をスタート。

今年8月に15回目で合格しました。

道のりが長かった・・・

写真は私がAdSense審査に落ちた時のメールです。

一部を記載しましたが、これだけ不合格通知が来たときは、本当に諦めようと思ってました。

ですが、「思い描く目標に向かってチャレンジし続ける」ことで合格することができたと思います。

大切なのは、検証と実践の繰り返し

このブログでは、AdSense審査に落ちまくった私が、これからAdSense審査に取り組む方へ最短で合格できるポイントをまとめました。

私のように遠回りをせず、どんどん収益化に向けて走りきりましょう!!

AdSense審査に落ちた理由(自己分析)

TwitterやSNSでは、最短1ヶ月で合格されている方がたくさんいる中で、8ヶ月という月日をかけた私は、途中で本当にめげそうになりました。

結論から言うと、落ちても同じことを繰り返していたからだと思います。

やっと14回目で、この方法では合格出来ないのではないか?と疑いを持ち始めたんですね。

なんとなく修正を重ねていたわけですが、何故AdSenseに落ちたのか検証する必要があると思います。

「AdSense審査に出すのは最低10記事」「GoogleのNGワードを取り入れは記事は書かない」「AdSense審査待ちの間は、2日に一度記事を更新する」「外部リンクは貼らない」を重要視して記事を書いていました。

このことを修正をあまりせずにAdSense審査に出してたので、一旦全て止める選択を取ります。

AdSense審査に合格した時に実践したこと

これまで、合格するためにしていたことを「やらない」と決め、5記事に絞って審査へ出しました。

すると、AdSense審査合格の通知が届いたんです!

実は、高額なコミュニティに入っていて、そこで教わったノウハウを使ってAdSense審査に臨んでいたんです。

ですが合格しないなら、「AdSense審査に通るための秘策」ではい可能性がありました。

これまで私が教わってきたことは違ったのか、と残念な気持を抑え、修正。

修正した事を以下にまとめました。

ヘッダーとフッダーメニューの振り分け

「ホーム」「恋愛ドラマ」「気になる人・物」「プロフィール」「お問い合わせ」はヘッダー。

「運営者情報」「プライバシーポリシー」「サイトマップ」はフッダーに分けました。

なんとなくブログを立ち上げてしまったので、ヘッダーフッダーの使い分けはしていませんでした。

上手くまとめることで、サイトが揃っていきますね。

読者が問題解決になる深堀記事を書けているか

私は1記事を書く時に、2000文字程度を目指していました。

読者の問題解決になる文書というよりは、「日記」に近かったです。

深堀記事を書いていけば、自然と文字数は増えていきます。

最低でも2500文字は書きました。

結論を先に述べて、その理由を書いていくという文書構成をしていなかったので、深堀記事にはならない記事は誰にも読まれません。

「ターゲットユーザー」は誰で、ユーザーの悩みを解決する記事をかけているか一度見直して見るといいでしょう。

All in ONE SEOで80点は狙えているか

私はワードプレスでブログ記事を作成しています。

All in One SEOを入れていたのですが、スコアはいつも68点を行き来する程度。

最低でも80点は超える記事を書くことをおすすめします。

AdSense合格に必要なチェック項目

①プロフィールをきちんと書いているか

②記事は、読者の悩みを解決できる内容になっているか。

③審査待ちはブログ投稿をしない。

④外部リンクの設置

⑤Googleで上位になるためのSEO対策

AdSense審査に不合格が続いている方は、是非参考にしてみてください。

AdSenseに合格するために必要な項目まとめ

いかがでしたか?

AdSense審査に合格するまで、本当に気持ちのモチベーション維持に苦労しました。そ

それ以上に、合格するための策を考え行動に移さなければAdSense審査に通りません。

AdSense審査通過してから、描くコンセプトを皆持っていると思います。

AdSense合格を祈っています!

広告

※アフィリエイト広告を利用しています。

-気になる【モノ】
-,