本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

気になる軽井沢の暮らし

初詣はいつまでに行けば良い?行ってはいけない日はあるのか調査!

この記事わかること
・初詣の期間

明けましておめでとうございます。

新たな年を迎えるために、初詣にいかれる方が多いと思います。

仕事や用事などで、初詣にいかれない方はいつまでに行ったらいいのか悩みますよね。

この記事では、初詣の時期と行かないほうがいい日はあるのか調査しました!

初詣は松の内の期間に行くのがおすすめ

新年を迎える際、多くの人々は初詣に出かけます。

しかし、初詣はいつまでに行ったらいいのでしょうか?

初詣は、一般的には「松の内」の期間内に行くのが目安とされています。

「松の内」とは、門松を飾っている期間のことで、関東では1月7日まで、関西では1月15日までが一般的です。

ただし、初詣はいつまでに行かなくてはいけないという決まりはありません。

どうしても松の内が終わるまでに初詣に行けない場合は、節分(2月3日)までに参拝すると良いでしょう。

また、初詣は、元日や三が日などの混雑する時期に行くと、参拝に時間がかかったり、混雑で神様に集中できなかったりする可能性があります。

そのため、無理のない日取りを選んで、ゆったりと参拝することをおすすめします。

ただし、初詣期間が終わると、神社や寺院の参拝者が減少し、特別な行事も行われなくなる場合があります。

そのため、初詣期間中に行くことをおすすめします。

初詣に行ってはいけない日

2024年の初詣に行ってはいけない日は、以下の2つです。

◆不成就日
◆忌中(四十九日中)

不成就日

不成就日は、何事も成就しない日とされており、初詣にはふさわしくないとされています。

1か月に4日前後あり、2024年1月の不成就日は、以下のとおりです。

* 1月2日(火)
* 1月10日(水)
* 1月16日(火)
* 1月24日(水)

忌中(四十九日中)

忌中(四十九日中)は、親族を亡くし、四十九日が過ぎていない期間です。

この期間は、故人を悼む期間であり、神様の近くに行くのを避けるべきとされています。

したがって、2024年の初詣でこれらの日を避けることで、より良い一年のスタートを切ることができるかもしれません。

なお、初詣に行く際には、以下のような点にも注意しましょう。

* 清潔な服装で参拝する
* 静かに参拝する
* 境内では大きな声を出さない
* 神様に感謝の気持ちを伝える

これらの点に注意することで、より有意義な初詣になるでしょう。

初詣の服装は?

初詣の服装は、清潔感のあるきちんとした格好がおすすめです。

正装をする必要はありませんが、派手すぎず、神様に失礼のないようにしましょう。

具体的には、以下のようなものがおすすめです。

男性:スーツ、ジャケット、シャツ、パンツ、靴
女性:ワンピース、スカート、パンツ、コート、マフラー、帽子

また、初詣は屋外で行うことが多いため、寒さ対策を忘れずにしましょう。

マフラーや手袋、帽子などの防寒具を用意しておくと安心です。

以下に、初詣の服装のポイントをまとめます。

清潔感のあるきちんとした格好
派手すぎない
神様に失礼のないように
寒さ対策を忘れずに

なお、初詣は、家族や友人と行くことが多いでしょう。

その場合は、お互いにマナーを守って、気持ちよく参拝しましょう。

以下に、初詣のマナーをまとめます。

◆清潔な服装で参拝する
◆静かに参拝する
◆境内では大きな声を出さない
◆神様に感謝の気持ちを伝える

これらのマナーを守ることで、より有意義な初詣になるでしょう。

初詣まとめ

初詣は元旦から7日間の間に行われることが一般的ですが、初詣期間が終わった後でも問題ありません。

ただし、初詣期間中に行くことで特別な行事や祈願が受けられるため、できるだけその期間に行くことをおすすめします。

また、初詣には禁忌日や混雑日が存在する場合がありますので、事前に確認して適切な日を選ぶようにしましょう。

初詣は新しい年のスタートを神聖な場所で迎える機会ですので、ぜひ参加してみてください。

広告

※アフィリエイト広告を利用しています。

-気になる軽井沢の暮らし